車検の重要性

事務員の女性

中古車買取業者などに車を売却したい時には、必ず査定があります。もし、車検が切れていたり、切れそうな時には、自分でそれを通したほうが良いのか、そのままにしておいたほうが良いのかが、気になるところです。 車の査定では、車検の残り期間も当然評価の対象になります。しかし、査定における車検の残り期間の評価と実際に車検を通した時の費用を比べてみるのが大切です。なぜなら、買取価格からその車に手をかけた費用を差し引いたものが、実際に入ってくる金額だからです。 車検の費用は、税金と保険の他に車の整備代金などが加わり、安く済ませても数万円から場合によっては10万円以上かかることも珍しくありません。 しかし、それだけの金額が、査定での車検の評価でプラスされることは少ないといいます。

中古車買取業者は、車のプロフェッショナルですから、車検自体には余り重きをおいていません。なにしろ、車を買い取った後に、再度、整備を兼ねて車の状態は詳しく調べますので、わざわざ顧客側でお金を出して整備する意味はありません。 逆にいいますと、車検の残り期間を気にして車を売却するのでしたら、1年かそれ以上残っている段階で売却するのか得策です。 もし、車検が切れているのでしたら、その旨を業者側に伝えておくだけで、業者の方でそれ相応の買取価格を出してくるでしょう。車の引き取りも業者側でするのが普通ですから、特に面倒なこともありません。 一般に車を売却する時には、ボディについたキズなどもそうですが、特にお金をかけないで業者側に引き渡すのが一番です。